睡眠の援助

睡眠の援助
1日24時間のうちのうち夜の間は睡眠をとります。


日中の活動では生命維持のために体の各臓器の機能を大脳が調節しています


また、感覚器から受けた刺激に応じて身体・精神それぞれの機能を大脳がコントロールしたりコントロールしたりキオクしたりしています。


このような活動時間が続くと大脳は疲労してきます。


夜間にとる睡眠でこの疲労を回復させようと体の機能は働きます。


しかしこの睡眠が十分に取れないとどうなるのでしょうか?


大脳は十分に回復しなくなり体が受けた刺激に対する反応が弱くなります。


またキオクも低下しやすくなります。


これにより生活するうえで不利になったり安全に生活していくのに支障をきたすようになるのです。 


また睡眠は成長や発達に伴って質が変化するようになります。


今回は成人の睡眠に焦点をあてて考えてみることにしましょう。
| 福祉

寝る前に

寝る前に

入浴を行う


体がリラックスできるのが1番のメリットです。


また体温の変化が生じることになります。


睡眠のリズムは体温によってコントロールされています。


起きていた時間が長いと睡眠時間が長くなると言う訳ではありません。


睡眠は体温が下がり始める時にはじまり、その時に眠ると睡眠時間は長くなります。

低下したままや体温が上がり始める時に始まる睡眠は短くなります。


睡眠の覚醒を防ぐためには眠る30分前に入浴するのがよいでしょう。


足浴を行うだけでも効果はあります。


イブニングケアをする

洗顔や更衣などを習慣的に行っている場合は睡眠の導入に効果があります。


病院ではこのような習慣的に行っていることが行えなくなる場合があります。


これからこういったことも見直されていくべきです。


習慣化した行動はそれだけでリラックスできるので非常に効果的です。


| 福祉

睡眠について理解する

睡眠について理解する
睡眠は基本的に夜間をおこなう物であるが、それも一部見直されてきています。


午後の2時の真昼に眠気に襲われることがあります。


その間の20〜30分ほど仮眠をとると言いということが知られています。


私が幼稚園にいたときは無かったが、最近ではお昼過ぎになるとお昼ねタイムという時間を設けているところも少なくないです。


また、海外ではこの時間に休憩を取って昼寝を取っているところもあります。


睡眠のリズムにはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があるのはよく知られているでしょう。


これに関して詳しく話します。


レム睡眠とは急速眼球運動を伴うもので、他の生物にも見られる原始的な睡眠と理解しておいてください。


また、大脳はこのとき活性化しているため刺激には敏感です。


夢を見るのは一般的にこのときであるといわれています。


ノンレム睡眠とは大脳が発達したことによって行われるものです。


このとき大脳は休息状態にあり、このときに大脳は回復します。


しかしこのときに目覚めると頭がぼやけてまた眠くなったりするでしょう。


レム睡眠とノンレム睡眠は初めは90分周期で繰り返されますが、覚醒が近くなるにつれてレム睡眠の時間が多くなるようになってきます。
| 福祉

環境調整

睡眠に適した環境を作ることは安眠を取るために必要なことです。
 

光の調整


目から入る明暗刺激は神経情報として伝えられてしまうめ眠気をリセットしてしまいます。


そのため睡眠を中断してしまうことになります。


心地よい眠りにつくためにはわずかな光度を残したままが一番良いといわれています。


また目覚める時は一気に部屋の電気をつけるのではなく、徐々にカーテンを開けて光の調節をすることによって心地の良い目覚めとなるでしょう。


温度や湿度の調整

安眠を取るためには睡眠が体温によってコントロールされているため、温度としとどを調整する必要があります。


季節によって異なりますが温度はおよそ22〜26度くらいに保てるといいでしょう。


湿度は45〜55%くらいがいいと思われます。


音の調節


突発的に何か物音がすると覚醒に近づいてしまうため眠れなくなります。


また自分が不快と感じる音に関しても眠りにくくなるでしょう。


逆に物音に安心感をおぼれると眠りやすいということもあります。


また寝具を調整するなどの方法も考えられます。
| 福祉

リラクセーション

軽いマッサージをすることによって血行をよくして睡眠しやすくなります。
また直接触れることで緊張を和らげてすいみんをとりやすくなるでしょう。
足や足の指を5分程度もんだりこすったりするのが効果的なマッサージ方法です。
直接的な触圧刺激と反射による皮膚の循環機能に対する効果が高まります。
また、皮膚の近く受容器や皮膚腺感染の機能が亢進します。
これは擦ることで期待される効果です。

また揉み解すには筋肉の循環を改善することで代謝物の排泄を促します。

他にも強く押すことで皮膚の知覚神経に対して抑制する作用があります。

他には握ったり開いたりしてたたいたり、手を震わして振動させる方法などがあります。

皮膚を刺激することで疼痛などの苦痛が出る場合がございます。
これらが確認されたらすぐにやめましょう。

また皮膚に炎症性があるときは行わないようにしましょう