睡眠の援助

睡眠の援助
1日24時間のうちのうち夜の間は睡眠をとります。


日中の活動では生命維持のために体の各臓器の機能を大脳が調節しています


また、感覚器から受けた刺激に応じて身体・精神それぞれの機能を大脳がコントロールしたりコントロールしたりキオクしたりしています。


このような活動時間が続くと大脳は疲労してきます。


夜間にとる睡眠でこの疲労を回復させようと体の機能は働きます。


しかしこの睡眠が十分に取れないとどうなるのでしょうか?


大脳は十分に回復しなくなり体が受けた刺激に対する反応が弱くなります。


またキオクも低下しやすくなります。


これにより生活するうえで不利になったり安全に生活していくのに支障をきたすようになるのです。 


また睡眠は成長や発達に伴って質が変化するようになります。


今回は成人の睡眠に焦点をあてて考えてみることにしましょう。
| 福祉