寝る前に

寝る前に

入浴を行う


体がリラックスできるのが1番のメリットです。


また体温の変化が生じることになります。


睡眠のリズムは体温によってコントロールされています。


起きていた時間が長いと睡眠時間が長くなると言う訳ではありません。


睡眠は体温が下がり始める時にはじまり、その時に眠ると睡眠時間は長くなります。

低下したままや体温が上がり始める時に始まる睡眠は短くなります。


睡眠の覚醒を防ぐためには眠る30分前に入浴するのがよいでしょう。


足浴を行うだけでも効果はあります。


イブニングケアをする

洗顔や更衣などを習慣的に行っている場合は睡眠の導入に効果があります。


病院ではこのような習慣的に行っていることが行えなくなる場合があります。


これからこういったことも見直されていくべきです。


習慣化した行動はそれだけでリラックスできるので非常に効果的です。


| 福祉