環境調整

睡眠に適した環境を作ることは安眠を取るために必要なことです。
 

光の調整


目から入る明暗刺激は神経情報として伝えられてしまうめ眠気をリセットしてしまいます。


そのため睡眠を中断してしまうことになります。


心地よい眠りにつくためにはわずかな光度を残したままが一番良いといわれています。


また目覚める時は一気に部屋の電気をつけるのではなく、徐々にカーテンを開けて光の調節をすることによって心地の良い目覚めとなるでしょう。


温度や湿度の調整

安眠を取るためには睡眠が体温によってコントロールされているため、温度としとどを調整する必要があります。


季節によって異なりますが温度はおよそ22〜26度くらいに保てるといいでしょう。


湿度は45〜55%くらいがいいと思われます。


音の調節


突発的に何か物音がすると覚醒に近づいてしまうため眠れなくなります。


また自分が不快と感じる音に関しても眠りにくくなるでしょう。


逆に物音に安心感をおぼれると眠りやすいということもあります。


また寝具を調整するなどの方法も考えられます。
| 福祉